検索

バッチを盛ってみた

これは私の父親の話です。

あまり個人的な内容はあげていないのですが、この体験はお伝えしたいと思い、書いてみることにしました。

かれこれ2年ほど前の事になります。


父には毎日のようにお茶を飲みにやって来ては話をする、近所に住むい友人がおりました。

ある朝、やはり父に会いに来るために家を出ました。その時車にひかれ交通事故で亡くなってしまいました。

その後の父は毎日ソファーに横になっては眠っているような状態になってしまいました。

病気ではないのに。私には、生きる気力を失っているように感じられました。

そんな状態を見かねた母から相談を受け、私は、バッチフラワーを飲ませてみよう。と企みました。

企むとは・・・飲んで。と言っても飲まないな。と思ったので、飲ませよう(盛る?)って感じです。

そこからは母と協力し、毎日の食事の際のお味噌汁の中、お茶の時間にはお茶の中、薬を飲む時の水の中、など水分を取る時は必ずバッチを入れるように。と伝えバッチを盛る作戦を開始しました。


その時に使用したバッチフラワーは

・自ら生きる希望を捨てている感じから「ゴース」

・生きる気力がない感じから「ワイルドローズ」

・昔を懐かしんでいる感じから「ホーンビーム」

・今の状態に適応できていないから「ウォルナット」

・そして「リカバリープラス」など・・・

盛り始めて3ヵ月くらい経ったころ、毎日ソファーで寝てばっかりだった父が、ソファーに座り、本を読むようになりました。

そして周りから見て明らかに表情が明るくなり、話もするようになりました。

(それまでは話をしていても何だか心ここにあらず・・・)


その後も盛る作戦は継続し、始めてから5か月位でバッチはいったん終了としました。

今現在は、時にソファーに横になってはいますが、座ってテレビを見たりしています。


やっぱりバッチフラワーってすごい!を実感したケースです。


最新記事

すべて表示

新潟でバッチフラワーレメディを伝えようと思い 一人で体験会からスタートしたのが2019年の夏 そしてベーシックコース、アドバンスコースを開催するようになり 各コースを受講してくださった方々と不定期ですが交流会を行っています。 バッチフラワーレメディを使い始めてからの変化 どんな風にバッチフラワーを使っているか 動物に使っている例 自分のタイプレメディが何か などなど・・・・ 話は尽きません。 一つ